最近は、殆ど読書録。


by amanatsu-mikanA

路地モノ

c0086046_1222134.jpg
                  長崎市内といえば、坂と階段。
                  そして、入り組んだ路地です。



だから何だと言われてしまいそうですが、大好きなもので・・・
懐かしい街並みの本、数冊。
でも。注釈なしで写真を見ると、全部長崎市内に見えます・・・^^;

c0086046_11263695.jpg 「路地の記憶」 
 写真・エッセイ:佐藤秀明 詞:阿久悠 (小学館)
 紀伊国屋書店で見かけて、一目ぼれです。
 是非一度じっくり読んでみたいのですが・・・
 懐かし~い風景。 阿久悠さんの詞がまた、写真に
 ぴったりなのです。


c0086046_1127166.jpg
   「長屋迷路」
   写真:中里和人 文:中野純 (ピエ・ブックス)
   写真は東京の向島ですが・・・ランタンフェスティバルに行く機会が
   ある人は、唐人屋敷の通りを一本、裏に入ってみてください・・・
   この写真集と、そっくりな景色が広がっています。



c0086046_11285047.jpg 「思い出牛乳箱」 著:横溝健志
 (ビー・エヌ・エヌ新社)
 日本全国津々浦々、北から南まで、ただひたすら
 玄関先の牛乳箱の写真です。新刊で買って来よう
 ものなら、家族に怒られてしまいそうな1冊。
 その地方しかない銘柄の牛乳が、こんなにあるなんて!
 (長女に、この写真集の話を興奮気味に語ったら
 「ふーん。バカだねぇ」と、のんびり言われました)



c0086046_1130377.jpg            「関西ルインズ」 著:石津昌嗣 (東方出版)
            これも紀伊国屋書店で見かけました。
            (長々と立ち読み・・・ごめんなさい)
            写真というよりは、文章にとても魅かれました。
            文章に対し、写真がいい味を添えているような
            感じです。
[PR]
by amanatsu-mikanA | 2009-01-27 22:18 |